Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2013/08/22

そして、帰国。

トロントに着いた。(そして、一寝入りした)

時間旅行は、何だかいつも不思議な感じ。少しそれを追ってみよう。
日本時間で20日の10時過ぎに実家を出た。
見送りに来てくれた友達に会い、山梨を出発。
空港に到着してから、すぐにチェックイン。WIFIがうまく使えず、荷物をすっと預けられず、カウンターチェックインの長い列へ並び直す。受付のお姉ちゃんがとても丁寧だった。二つ目の荷物は支払いが必要になったエアーカナダ。迷っていたカジノ(エレキギター)を迷わず持って来たので、追加料金だ。支払いはカウンターで出来ず、別の場所へ移動して支払い。その後、もう一度カウンターへ来てくれと言う。面倒なシステムだ。とは言わず、素直に支払いカウンターへ。エアーカナダ的には100ドルだったはずだが、日本円では9000円だった。ふむ。支払いを済ませ、戻ってすぐカウンターへ(今回は並ばずに横入り)。受付のお姉さんの指示通り、同じお姉さんのところへ帰ったら、横から違うお姉さんがカットイン。あ、こちらで受付しますよーって。ほう。さっき、こちらのお姉さんは私のところへ帰ってきて下さい的な事言ったけども。まぁ、何でもいいや。これでチェックインと荷物預け入れ終了。
この時点で15時半頃。
例により、みんなに行ってきますの写真を撮影。今回は母が見送りに来てくれたので母に撮影を依頼。母はシャッターをいつ切ったのか全然分からない。ありがとう、母。割とすぐ搭乗時刻になりそうだったので、早々に出国手続きへ。さらば、日本。また行ってくるぜ。空港内に入って、荷物検査を済ます。後ろのおっちゃんが焦っているのか、やたらコツコツと私に当たる。まぁ、いいや。検査を無事に済ませ。免税店でお買い物。免税店の意味はトロントに帰国してから知る事になるけど、頼まれていたタバコと頼まれていなかった酒をお買い物。お会計のレジに並んでいたらお姉さんに呼ばれたので会計に向かう。すると、見知らぬ日本人のおっちゃんが横入り。まぁ、よく居るよ、こういうおっさん。と思ったら、会計のお姉さんが並んでいた僕を先に通してくれる。おぉ。お酒を買う時に乗り継ぎはあるか?と聞かれたので、ある。と答えたら、乗り継ぎの時に受託荷物に酒を入れられないと没収されます。と言われたので、もう一度聞き返したら、横入りしようとしたおっさんが横で笑っている。はっはっは、大変だよ。だって、はっはっは。そんな事知らなかったよ、オレ。横入りいない方が良いことくらいは知っているけどな。搭乗ゲートまで着いたら、飛行機が遅れている。
この時点で20日16時過ぎ。
飛行機が10分遅刻しているらしい。ということで、出発も10分遅刻。18:00出発。乗り込めますよ〜のアナウンスを前に、17:30から乗り込めますという看板の表記を見て、日本人が搭乗ゲートに列をなしている。まぁ、もう少し待とうよ。エアーカナダの機内は。快適でもないが、不快でもない。飯もうまいワケではないが、別にまずいわけでもない。今回は初めての乗り継ぎだ。なるべく寝ていようとしていたら、斜め後ろで小さい女の子が文字通り絶叫していた。ママ、いやだぁぁぁああああ。周りで寝ようとしていた方は可哀想だったかもしれん。が、小さい子も可哀想だ。お母さんも困っていたかもしれんな。今回は英語担当の機内アナウンスがヤケに陽気で気持ちいい。アゲて行くトーンがいいね。そして初の上陸地バンクーバーに到着。外気は18℃とか。
この時点で現地時間は、20日昼の10時45分。
入国審査が思った以上にスムーズだった。ラッキー。山場だったのか?本当に。とにかく終わった。しかし、荷物が届かない。なかなか受け取れないうちに、チェックインの時間になっちゃった。ダメじゃね?これ。ギターをようやく受け取って、駆け込んだけどやはりアウト。あっさり乗り換え。次の便のキャンセル待ちみたいなヤツになった。名前呼ばれたら乗れるよってことだったけど、名前呼ばれた。らっきー。あなたの席どこが取れるか、見てみるからちょっと待ってね。ってことだったのでオッケーつって。なんとか座席を確保してもらった。
この時点で現地時間は、20日13時前。
乗ってみたら、一番前の席だし、窓際だし。なんか、機内食もメニューから選べたりとか、何だか好待遇。ビジネスクラスのシートだったのかな。らっきー。そして、無事にトロントへ到着。
トロントの現地時間は、20日18時過ぎ。
空港について、荷物も受け取って、実はもう一回審査めいたものがあるかなと思って、少しドキドキしていたら、国内線の乗り継ぎだったこともあり、すんなり到着。そして、荷物だけ受け取って空港をすんなり脱出。トロント到着してWIFIを繋げてみると門脇ハウスの千葉さんの話題でリプライが飛び交っている。ははは。気持ちのいいおっちゃんだったなぁ、また会いたいぜ。

Rのこと、東京滞在のこと、日本滞在のこと、何回も何回も機内にいる間。いや、帰国してくる数日間は何度も考えていた。そして、帰りに乗ったサブウェイまでのバスの乗り口は「R」って書いてあった。バスや地下鉄を乗り継ぎ、なんとか無事、部屋に到着。
この時点で現地時間は、20日21時過ぎ。

トロントに到着して、一番最初に目に入って来たのは、デカデカと丸くオレンジ色に浮かぶ満月だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿