Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2015/02/28

爆笑をとる

相変わらずせわしないな。2015め。
そして相変わらず、日々の暮らしはこれ、勉強である。この国で言語を学ぶことは、とにかく考え、そして体感し続け、それを身につけていくことの繰り返し。数年経った今でも友達と会った帰り道など「あぁ、今日もめちゃめちゃなしゃべり方していたなぁ」などと反省している始末である。

がしかし、先日のこと。一つの印象的な出来事があった。

オープンマイクへ行き、いつものようにその日素晴らしかったローカルミュージシャンとおしゃべりしてた。
カナディアンかな、彼らは。ちょっと田舎の方の育ちらしく、そこに居た2人のうちの1人は専門学校で「lumber」について学んでいるそうだ。チェーンソー使った木の切り方とか…なんかよく分からないけどそういうことらしい。木にまつわる諸々を学ぶのだそうだ。
そこにいたもう一人もカナダの中の大自然のある田舎で育ったと言っていた。西海岸の方だったかな。彼はブルース/カントリーシンガーで、すごく牧歌的な歌をうたうやつで、しかも服装がデニムに白いTシャツとかで、スコッチとか飲みながらしゃがれた声でうたっていた。すごくよかった。たまにブルースハープと歌だけで1曲やってしまうような一面も見られた。

彼らと話していた時に、調子をよくしたそのブルースシンガーの彼が突然歌い出した。「こういう歌知ってるか?小さい頃に、こんな歌があってさ…」みたいなことを言って突然「木こりの歌」みたいな曲を歌い出したのだ。もちろん伴奏があるわけでもなく、彼はステージと同じように目を閉じて、デニム越しに太ももあたりを平手でパンパン叩いてリズムをとりながら歌い出した。
彼を囲むように、数十秒。みんながその歌を聞いたあと、拍手して盛り上がった。

そこで僕はすかさず
「歌の意味はよく分からなかったけど、もしそれを森のなかで歌ったら、君の周りに鳥たちが寄ってきて友達になれるな!」と言った。

周りにいたやつらは爆笑していた。

僕はとっさに出た言葉ながら、みんなが爆笑しているのを見て、「あれ?これ、はじめてジョークがジョークっぽくなったのかな」と思い、不思議な気持ちになった。
笑い話を友達としたことはいくらでもあるが、こんなにも僕の発言で爆笑が巻き起こったのははじめてだったと思う。

異国の言葉で爆笑が取れるというのは、自分でもどういうことかあまり分からないが、文化的観点や、スピーキング力、間とかスピード的にも何かがピタッとあわさった瞬間なのではないかと思う。
僕は家に帰りながら「貴重な体験ができたんじゃないかな…」などと考えていた。

嬉しかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿