Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2015/02/02

完全無料!

先週末はリハーサルだった。
Jodyのバンドのレコーディングを手伝ってくれという話になって以来、彼の主催するオープンマイクでギタリストとして参加などしているうちに、彼のバンドのメンバーということでやっていることを、よくよく考えて、改めて認識した。
ギターのスキルをアップさせるにもとてもいい事だし、彼には色々と感謝しているので自分がしてあげられることで何かを彼に与えることができれば、そいつはいいことだ。
まぁ、半分仕事でもあり、半分友情出演といったところだろうか。これから彼らとのライブもいくつかやることになるだろう。
バンドでギターをじゃきぃぃぃいいいん!!!と鳴らすのはとても気持ちがいい。
最高に気持ちがいい。

もっともっと上手になりたくなる。

リハーサルの直後、ライブを見に行ってきた。
偶然にも近くのハコで友達の友達のバンドがリリースパーティーがあるということで急遽行ってきた。Absolutely Freeというこのバンド。彼らは只者ではない。「Arts & Crafts」から去年リリースした1st Album。今回はそのアルバムの(遅れた)リリースパーティーだった。
チケットも売り切れだったようで大盛況だった。ガレージのようなだだっ広い空間の場所の端っこに、インスタレーションとVJを用意して、その目の前にセットを組んでいた。機材の量が半端じゃなく3ピースながらもスペースシャトルの操縦席みたいに、シンセサイザーやらエフェクターやらがピコピコ光っていた。

オープンから開演まで、バンドメンバーは来てくれるお客さんとお話したり、販売しているドリンクや物販の補充をしたり、スタッフ的な動きもしながら忙しそうに動き回っているようだった。カナダがD.I.Y精神に溢れるお国柄とはいえ、すごく手作りなイベントだったのかもしれない。
パフォーマンスの間も、楽器を交換しあって演奏したり、何かとマルチな人たちだった。

2部構成だったのだけど、開場が9時、オープニングアクトが10時40分くらい。メインアクトに至っては12時前後にたしか始まったと思う。くたくた過ぎて第2幕を見れずに帰ってしまったが。1部の楽曲を聴いている限り彼らのセンスも素晴らしく、粒立ちの良い綺麗なメロディーをゆっくり確実にアレンジの中に入れてくるし、シンセや空間系のエフェクトを駆使して細かな音のダイナミクスを演出していた。アレンジも鳴らしている音もとても繊細に作りこまれていて、且つ歌モノとしても聞けるようにしっかりメロディーが作られていて見事だった。
ボーカルのエフェクトなどがどことなく僕の好きな「Death Cab For Cutite」などを彷彿させるサウンドにしてあって、それも個人的にはツボだった。目を閉じて聴きながら踊りたくなるような、ちょっとだけサイケというか心地よさとトリッピーな雰囲気を併せ持っていた。
日本にも近く行くことになりそうなバンドだと思う。Absolutely Free。



0 件のコメント:

コメントを投稿