Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2015/12/13

Xavierという男

寒くなりだした頃、また1人別のミュージシャン仲間が帰国していった。
以前に書いたSibが繋げてくれた、シャビというチリ人ミュージシャン。彼はしぶからの紹介で、お互いがちゃんと認識し始める前に何度か会ったことがあったのだが、彼と仲良くなりだした頃には、彼は帰国の数ヶ月前になっていたように思う。
カナダで出会う異国から来たミュージシャンは少ない、ましてやその中で仲良くなれる人はもっと少ない。そういった意味では、とても貴重な出会いだったと思う。
彼はとてもロマンチックで、優しく男らしい曲をうたう、シンガーソングライターだ。僕にチリ人フォークについてや、チリ人の国民性を教えてくれたり、ちょっとしたパーティーでSibとの共通の友達を紹介してくれたり、一緒にセッションして楽しんだ。
彼の楽曲をレコーディングするといって、僕をベーシストとして起用してくれたのといい思い出だ。(しぶからの推薦のおかげでもあるが)
レコーディングにあたり、Xavierの部屋で打ち合わせした時なんかは、彼は金がなかったくせにビールとテキーラを僕に振舞ってくれて、ベロベロに酔った僕を見て爆笑していた。
レコーディングの過程ではお互いの音楽的感覚をぶつけ合うこともできたりして、それも個人的にはとても嬉しかった。僕にとってはこういうことをやる為に、この国にいるんだ!という瞬間だった(その為に英語も練習してきたんだという思いもあって、コミュニケーションが取れてよかった)。
彼は英語を喋る人からは、ハビエルと呼ばれたりもして、日本人からはシャビと呼ばれていた(Xavierの持つ、英語やスペイン語の発音の違いと思う)。
余談だが、紹介してくれたしぶが彼のことを話すときの「シャビが〇〇っすね〜」が「娑婆の空気はうまいっすね〜」と言っているような雰囲気で話すしぶも印象的で、とても好きだった。
レコーディングした彼の曲や、「これも帰国してからも録音したいから、Shingoにベース弾いてもらいたいよ」と言っていた曲がこれからどうなるか楽しみだ。
彼の帰国直前に集まったホームパーティでのセッションも最高だった。
その後一週間ほど彼はインディペンデントの映画に主演するため、撮影におわれていたらしく、帰国直前までバタバタと忙しくしていた。
どっから取ってくるのか不思議だが、ミュージシャンとして素晴らしい経験を彼はこの国でしていったと思う。
本国での活躍もどんな風になるのか楽しみにしていたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿