Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2018/02/17

レーザーにやられた

男子たるもの
いつまでも少年のような部分をどこかに持っていたいものだ


などと勝手に男の子代表めいたことを述べているが、
そうじゃない人がカッコいいことだってあるから、これは多分好みの問題だろう。


幼い頃にした色々な遊びのなかに兄弟で繰り広げた
「銃撃戦」の記憶が残っている。

レーザーガンでの銃撃戦。小さい頃、兄たちと家の中や庭へ出て、
レーザーガンなるオモチャで撃ち合っていた。

レーザーガンはマシンガンのような形の銃のオモチャで、
トリガーを引くと90年代ごろの玩具らしい、マシンガンっぽい音がして雰囲気を盛り上げてくれる。

お互いがズボンに引っ掛けて身につける「的(レーザーを受信する映画に出てきそうな三角のもの)」に向けて撃ち合う。
3回まで受けても平気で4発目を受けると
的から音が鳴り、ゲームオーバーを意味する。


ランボーやロボコップ、ジョン・マクレーンなどなど、ハリウッド映画で見るようなアクションスターやヒーローはいつだって銃をカッコよく使う。

強い男に憧れる少年心としてはレーザーガンはその気になれる格好のアイテムだ。

隠れながら相手の腰に付いている的を狙って撃ち込んだりして。
相手に気付かれずに撃ち込めた時は爽快だった。(大方負けていたけど)


そんな遊びからももう20年以上経っていることになる僕が、
とうとう本物の「レーザー」をくらったのはつい先日のこと。



歯医者へ行ったところ、
処置の最後に先生が「痛かったらいってください」といって何かを患部に当てている。
大抵歯医者さんで「痛いです」と手を挙げることはないのだけれど、
初めて?手を挙げた。


痛いんじゃなくて「熱い」と感じた。

しかも歯や歯茎の辺りではなく唇の辺りが「熱かった」。


先生が「痛い?」と聞くので、気のせいかなとも思いつつ
「いや、なんか唇の辺りが熱いです」と言ったら
「あ、そう。」
といってまたちょっと再開。


「歯を治療してくれているのだから、口の周りが熱いのは気のせいかな」と思いつつ、二回目はちょっと我慢してみたが、一瞬で火傷するときのような感覚に見舞われて思わず手を挙げて足までバタバタさせてしまった。


「あ゛あ゛ぁぁっっっつあ!!」
心の中では大声を出していた。


先生が僕のリアクションを見て、
「はいはいはい、もうおしまーい」と言って即座に処置を終えた。

最後にうがいをした後、先生に「あんな感覚今までなかったんですけど、
さっきのは何だったんですか?」と聞いてみたら、

「あれはね、炭酸ガスレーザー。平たく言えば表面をレーザーで焼ききっちゃうってこと」と言っていた。

僕の唇が乾燥して二箇所くらい切れていたので、そこを治療しようとしてくれたのだろうか…深くまで突っ込まなかったが帰り道「そうか、レーザーを受けたのか…」と思い返してみた。


なんとなくSF映画のキャラかなにかの気持ちになり、

自分は「レーザーにやられたのだ」などと

考えるとちょっとニヤついてしまっていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿