Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2016/07/15

つだげんしゅ

減酒している。
先日ウイスキーに関するブログを上げたが実は先月くらいから酒の量を減らしてみることを意識し始めた。
これはなんというか若干くだらないのだが、複雑な理由で連日葛藤?しているのだ。
キッカケは僕の友達「津田くん」に言われたからだ。津田くんは日本の名字こそかろうじて維持しているものの、生まれも育ちもここカナダ。いわゆる日系カナディアンである。両親はおろか、祖父母ですら全くといっていいほど日本語がしゃべれない(けど実家の犬の名前は「まりこ」という)。
そんな彼は精神科のスペシャリスト。日夜病院内外で患者さんにより豊かな人生を送ってもらうためにタフな仕事を笑顔でこなす、正義の漢である。
彼は仕事柄、ドラッグ、酒、タバコなど各種依存性のあるものについても調べてきているそうだ。
そんな津田くんと会話しているときにふと、「酒はほとんど毎日飲んでいる」という僕のお酒好きストーリーにチラッと触れた。
すると即座に彼の目の色が変わり「しんご、毎日飲んでいるのか?どれくらいの量だ?どれくらい酔うのか?」などと訊問のような質問が続き、
「あのね、辞めろとは言わないよ。でも気をつけたほうがいいよ。」「アルコールは依存性が高い上に、健康に害を及ぼす。僕はそういう人をたくさん見てきているからね。」
と言われ、僕も一生懸命自分はただの酒の愛飲家であることを主張し、依存などしていないと自己肯定を試みたが。自分でも言いながら「依存していない」という本人の言葉ほど説得力にかけるものもないなと思い、これ以上正当性の主張をしても無駄だと諦めた。
変わりに行動で示すよりほかはあるまい、ということで始めたのが減酒である。
それから1日置いてみたり、3日に一度くらいの「休肝日」なるものを設けたり、規則性こそないが確実にアルコールを消費する量が減っている。

果たして効果というか、身体に効能をもたらしているのか?

これが正直よく分からない。

こういうのは本来日本なら健康診断でも行ったナイスミドルの方あたりが「いやぁ、ガンマじーでーぴーがなんたらかんたら…」とか言ってはじまる流れのハズである。
そうでもない限り、私のような愚かな人間は、数少ないドラッグを合法化されている日本人の一員として、割りと「ダメージが表出する時期まで」習慣的に飲んでも不思議じゃないと思う。

幸か不幸かこんな機会を与えられた以上、やるしかない。(そもそも減酒の前に運動する機会を増やさないといかん)

そしてどんどん健康的になっていく私はもう破滅型ロックミュージシャンの仲間にはなれないだろう。

それに対する罪悪感というか、ロックに対する後ろめたさのようなものすら若干感じながらも私の減酒は、著しいかたちではないながらも気ままに、ゆるりと続くのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿