Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2016/08/29

不思議の国のナディア

数週間前のこと、ひょんな偶然が重なって手相をみてもらってきた。

そもそも日本でお金払って占いをしてもらったことすらないのに、本当に偶然が重なったのだ。
しかもそこの占い(こっちではPsychicっていうかな)は近所にあるのだが、普段通り過ぎる時にあまりオープンしているのを見かけない。
そもそもサイキックだなんて、なんと嘘くさい商売なのだろう?と思わせるような風貌の店構えなのだ。
しかも後日改めてその辺りを注視していると空いている日と空いてない日がほんとにまばらだ。

僕がみてもらった日もたまたま空いていたのか、とにかく思い切って予約もしてないのに入ってみると、待ち受けていた少し恰幅の良い若い女性「ナディア」は快く招き入れてくれた。中はただの民家…というか、普通に人が住んでいる「部屋」。ナディアとその家族が住んでいるのだろうか。その部屋の片隅に占い用のテーブルが置いてある。ちなみに部屋はリビングルームのようで子供がPS4かなんかで遊んだ後があった。
その部屋の片隅の占いテーブルには、水晶だのタロットだの、ミステリアスな趣のアイテムが所狭しと並んでいる。 
とりあえず座って手の平を見せて、話を聞いてみた。

周りの人に言わせると僕はそういうものに対して懐疑的なイメージを持っていると思われているようだが、とんでもない。僕は目に見えないものを信じているし、世界はそういうものと密接な関係性が常にあると思っている。

それで…、お話を聞いているとまぁ当たるは当たる。僕の手相をみては、その線の解説をしながら、聞いてくる過去の経験や僕の性格が、ガンガン的を得ているのだ。
もちろんちょっとした心理学的なトリックなどもあると思うが、それを含めても素晴らしかった。一つの技を眼の前で披露してもらったような気持ちだった。

一通り話が終わって何か質問がないか?と聞かれて、僕は『どうしてそんなに分かるの?』と聞くのが精一杯であった。

彼女は曾祖母の世代から4代に渡って代々占いをやってきているらしく、彼女の家系の女性は必ずやるのだとか。

本領発揮はタロットカードらしく、ナディアは『気に入ってくれたなら、次はタロットに来るといいわよ』と言っていた。(後日聞いた話によるとタロットは3ヶ月前後のみをみるものらしい)

彼女は僕に『西側に興味はある?良い線が出ているわ』とのことで、西側(カナダのらしい)に何か僕のいい運気があるのだとか、さて、どうだろう。試しに今度行ってみようかなと思う。

後日友人にその話をしたら、翌週には早速ナディアに会いに行ってみてもらったそうだ。
詳細をきくと、2人で行ったうちの1人が『西側に興味はある?』と聞かれたのだとか。

さて、ナディアの言葉の重みやいかに。(ちなみに手書きのフライヤーには「精度90%」と書いてあったよ)

0 件のコメント:

コメントを投稿